クレジットカードでお金を借りる




総量規制とはどんな制度か

借金を行うときは、無理のない返済ができるよう良く考えて利用することが大切です。 そして消費者金融などのキャッシングを利用する場合は「総量規制」と呼ばれるものがありますので、よく理解しておきましょう。 総量規制は個人の借入総額が原則として年収の3分の1までに制限されている仕組みです。 そして対象となるのはあくまで個人であって法人は対象となっていません。 そして個人であっても個人事業主として事業用の資金を借り入れる場合は対象外となります。 それから借入額が50万円(一つの会社のみ)、または合計額が100万円(複数の会社で)を超える場合は収入証明書の提出が義務付けられることとなっています。 これは多重債務者や破産者の増加を防ぐ目的もありますし、闇金融などの被害者を増やさない事を目的とされているともされており、2010年6月から施工されているものです。 そして金融業者が違反した貸付を行った場合は行政処分の対象とされます。 そして総量規制まで借りてしまった場合はもう借入ができないのかとなりますが、そうと言うわけではなく、対象外となっている借り入れも様々存在し、住宅ローンなどは対象となっていませんし、銀行の借入は対象外となっていますので、銀行のカードローンなら利用することは可能です。 クレジットカードの場合もキャッシングの場合は対象となりますが、ショッピング枠の場合は対象となっておらず、年収の3分の1を超える買い物も行なえるようになっています。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ