5万円!お金を借りる時のワンポイントアドバイス

借入が50万円以上の場合には、「収入証明書」が必要な業者がほとんどです。
5万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

カードローンお申込みの流れ

5万円借りる時に必要なもの

お金を借りる|5万円


お金を借りる【豆知識】

銀行から5 万円借りる

「銀行からお金を借りる」と聞くと、一瞬、大げさな感じに構えてしまうかもしれません。銀行からお金を借りるには、審査が厳しくて、実際にお金を借りるまでには時間がかかりそう...なんていうイメージもあるのではないでしょうか。 そんなお堅いイメージとは裏腹に、銀行からお金を借りる場合でも、気軽に便利に短期間でお金を借りる方法があります。

では、具体的に銀行からお金を借りるにはどういったキャッシング方法があるでしょうか。 教育ローン、自動車ローン、住宅ローンなど銀行からお金を借りる方法はいくつかありますが、銀行から5万円借りるなどの少額キャッシングの場合には、銀行カードローンが便利です。

銀行カードローンは、あらかじめ決められた金額のなかで何度でも自由にお金を借りたり返したりできるローンで、借りられる金額の幅も大きいのが特徴です。
ほかの目的別ローンのように、家を買うなら住宅ローンでお金を借りる、車を買うならカーローンでお金を借りる...といったように、目的がはっきりしている場合は目的別ローンでも良いのですが、ちょっとしたお小遣い不足から銀行から5万円借りる、1万円借りるといったように、"ちょっとした不足金"を補うというようなお金の借り方をしたい場合にも、気軽にお金を借りることができます。 また、キャッシュカードやカードローン専用のカードを利用してお金を借りることができるので、わざわざ銀行の窓口に並ばなくても、銀行ATMや提携ATM、コンビ二ATMなどでいつでも自由にお金を借りることができます。
週末に家族でおでかけをするからカードローンで銀行から5万円借りる、さらに平日に会社の同僚と飲みに行くのにお金がないからカードローンを利用して銀行から5万円借りる、臨時収入があったから先に1万円だけ返す...など、臨機応変にお金を借りたり返したりできるので、使い勝手が良くとっても便利です。

銀行から5万円借りるメリットは!?

  • 銀行ならではの資金力とサービス力により、低金利を実現している
  • 銀行ならではの安心感と信頼性がある(初めてお金を借りる方も安心)

ほかにも、銀行ならではの資金力により高額融資が可能なのもうれしいところです。 貸金業法が施行されたことから、消費者金融からお金を借りる場合には「総量規制で年収の3分の1以上の借入は原則できない」ということもあり、どんなに返済のアテがあっても年収の3分の1以上の金額を借りることはできなくなってしまいましたが、銀行の場合は総量規制外となりますので、総量規制以上の金額を借り入れしたい際には、銀行カードローンを利用して銀行からお金を借りる方法はとても助かります。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ