100万円!お金を借りる時のワンポイントアドバイス

借入が50万円以上の場合には「収入証明書」が必要な業者があります。
その反面50万円でしたら、免許証などの身分証明証で借入できるので、便利ですね! ※

カードローンお申込みの流れ

50万円借りる時に必要なもの

お金を借りる|50万円


銀行から100万円借りたい時に厳選の1社
※UFJなら100万円まで収入証明書不要!!※

100万円|お金を借りる

100万円 お金を借りるなら使い勝手がよく利便性が高いカードローンが便利ですが、お金を借りる方法によって、カードローン業者に提出する書類なども変わってきます。
こちらでは、100万円お金を借りる際に必要な書類などの情報を公開しています。

100万円 お金を借りる際の必要書類

総量規制の関係もあり、消費者金融などでは50万円を超える金額の借り入れをする際、 あるいは他社借入金額の総額が100万円を超える際には、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)などの 『収入証明書』の提出が求められます。

『身分証明書』のように、普段から身近にある証明書ならば用意もしやすいのですが、源泉徴収票などのように準備をするのが面倒だったり時間がかかるのが気になる方は、 借入金額が100万円を超えるまでは『収入証明書』の提出が不要な銀行から100万円 お金を借りると、時間や手間がかからずに良いかもしれません。

なお、銀行や消費者金融ともに、借り入れ金額にかかわらずお金を借りる際には、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの『身分証明書』の提出が求められますので、ご用意ください。

100万円 お金を借りる【Q&Aコーナー】

Q1 年収が250万円ほどで、フルタイムの正社員で働いています。100万円 お金を借りることはできるのでしょうか。

A1
キャッシングを行う際の審査基準となる「継続的で安定した収入がある」という条件はクリアしているものの、消費者金融などの貸金業者では、個人向け貸付けを行う際に"原則として個人の借入総額は年収の3分の1以下とする"といった総量規制があるため、年収の3分の1以上の借り入れを行うことができないので、たとえ返済のアテがあったとしても、年収250万円ですと100万円 お金を借りることはできません。

銀行の場合には、総量規制の対象外となるため、100万円 お金を借りることは可能です。
※キャッシング業者によって審査基準が異なるため、実際の審査結果はお申し込みの会社によって変わります

Q2 お金を借りる際に、会社や自宅に電話がかかってきたりするのでしょうか。

A2
1回目に10万円お金を借りて、追加で100万円お金を借りて...といったようにお金を借りる都度、確認電話などはかかってきませんが、いちばん始めにカードローン契約を交わす際には、在籍確認などの電話がかかってくる場合があります。
その際にはキャッシング業者の名前で電話がかかってくるのではなく、担当者の個人名で電話がかかってくるので、確認電話が原因で会社や自宅のご家族にお金を借りることが知られてしまうことはありません。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ