賢いお金の借り方

カードローンお申込みの流れ

お金の借り方には、さまざまな方法があります。
たとえば、銀行でお金を借りる場合でも、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、トラベルローン、リフォームローンなどの借入れたお金の使い道があらかじめ決まっている"目的別ローン"から、借りたお金の使い道をあらかじめ限定しないために多くの用途で利用できる"カードローン"など、お金の借り方も種類に富んでいます。 もちろん、住宅を購入する目的がある方は住宅ローンを利用されると良いですし、自動車を購入される場合や自動車の修理目的でお金を借りるならば自動車ローンを利用するなど、ハッキリとした目的に合わせて"目的別ローン"を利用されるのも良いかと思います。

ただ、こうした"目的別ローン"は年々借りにくくなっている傾向にあるため、教育資金で利用したいのに教育ローンが通らなかった!なんて話も良く耳にします。 そんなときに便利なのが、借り入れ目的が縛られない多目的ローン=カードローンです。

カードローンとは▲使い勝手の良いお金の借り方▲

カードローンとは、借入限度額(あらかじめ契約をした金額)の範囲内で、クレジットカードやキャッシュカードを使って、繰り返し自由にお金を借りることができる多目的ローンのことです。
カードローンで借りた場合のお金の返済は、一般的に多くの場合で"分割払い(リボルビング払い)返済"となりますので、まとまったお金を借りれたのは良いけれどまとまった金額を一括で返済しないといけないから大変!といったことはありません。
カードローンには、多くのメリットがあります。

カードローンのメリット

  • 借入れたお金の使い道が制限されないので自由な用途で利用できる
  • 多目的ローンながら利用限度額が多い
  • 個別契約が不要で、借入限度額の範囲内で何度でも利用可能
  • 全国各地の店舗ATMや提携のコンビニATMなどで気軽に利用可能
    (コンビ二ATMなら土日祝日に関わらず24時間いつでもお金を借りることができます)
  • 即日融資やキャッシン即日で利用できる

カードローンで借りたお金を最大限に利用する

カードローンは借入限度額の範囲内で何度でも利用できるため、1万円、2万円などの少額キャッシングから、100万円200万円などの高額キャッシングまで、その時々の懐事情に合わせてお金を借りることができます。 また、借りたお金の使用目的が限定されないため、さまざまな目的で利用することができます。
たとえば、100万円借りたうちの50万円は家のローンの返済の一部にあてる、30万円は自動車の購入代金の一部にあてる、10万円は旅行費用として使う、10万円は生活費として利用する...などの場合、目的別ローンだとそれぞれに契約が必要ですが、カードローンならひとつの"カードローン契約"だけで、個別に契約が必要ないので、使い勝手が非常に良く便利です。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ